6つの特徴  
 

関東経営合理化協同組合の事業について

施設外観
開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識を修得させようとするニーズがあります。当組合では、このニーズに応えるため国際貢献の一環として、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」の導入事業を展開しております。

最新記事

  • 技能実習2号移行対象作業に築炉作業を追加されました。 築炉とは、耐火煉瓦やキャスタブルなどのあらゆる耐火物を使 …

    続きを読む...